2019年12月20日金曜日

病院大忘年会


こんにちは(^^
今年も残すところあと僅かです。
皆さん年越しの準備は進んでいますか?
キッチンは特に、家族の大事な食事を作る場所で、
汚れていると生命力が落ちる・運が落ちると言われますよね。
キッチンだけとは言いませんが(笑)
キッチン・水回りは特に念入りに掃除をしようと思います。
 
さて、今年も宮古第一病院大忘年会が開催されました。
今年は令和初めての忘年会ということもあり、特に盛大な会となりました。
アトラクションの部では、我がリハビリテーション部は、
「セラピスト・ショーマン」と題し、
名作ミュージカル映画の有名なシーンを再現しました。
ステージに上がることや人前で発表する事ってとても緊張しますよね?
練習をしていてもいざ本番になると緊張して真っ白になることも…
ですが、今年のアトラクションは緊張こそしましたが、
ステージ上の空気や会場の一体感を感じることができ、
今までにないくらい楽しむ事が出来たように思います。
アトラクションの部は残念ながら2位でしたが、
参加したスタッフ全員が楽しめたので十分満足しています!!
(でも来年こそは…笑)

毎年のようにこの時期に忘年会が開催されますが、
それは当たり前ではない事。
患者様やご家族、地域住民の皆さん、
たちが関わる全ての方がいて初めて成り立つという事に感謝し、
今年できる事に精一杯取り組んでいきます。
今月はクリスマスも控えています。
皆さんの元にサンタさんが来る事を祈っています☆

では今日はこの辺で…

                               リハビリテーション部 小野寺朋美


2019年12月9日月曜日

作業療法科 勉強会&忘年会☆


こんにちは(^^

寒い日が続いていますが、
気象庁の公式HPでは全国的に
例年よりやや暖かくなるという予報が出ていました。
積雪量も例年並みかやや少なめの予報が出ているようです。
個人的には雪は少なければ少ないほど良いと思っていますが、
雪景色が見られない事も少し寂しいと思ってしまいます(笑)
宮古市は“夏は涼しく・冬は暖かい”という理想的な気候です。
リハビリテーション部のスタッフは全国各地から集まっているので、
雪国育ちもいれば南国育ちもいますが、
スタッフ全員が「宮古は住みやすい」と答えます。
これはきっと、宮古市の気候だけでなく、
風土が大きく関係しているのだと思います。
さて、今回は作業療法科2グループのコラボ勉強会をしました!
普段はグループ毎に勉強会をすることが多いですが、
今回は初コラボ☆という事で、体幹へのアプローチについて実技を行いました。
体幹は「体の幹」と表すだけあって、身体の土台となる非常に重要な部分です。
ですが、土台となる体幹だけを強化しても上肢や下肢が不足していると…?
土台を支える力も必要不可欠ですよね。
それぞれの関係性について学ぶことができた勉強会でした!
 
今回はさらに作業療法科のメンバーで一足早い忘年会を行いました!!
サイコロを振って出た目のトークテーマを元に、
スタッフそれぞれが今年一年の振り返りをしました。
今年嬉しかったこと、楽しかったこと、恥ずかしかったことまで…
笑いの絶えない楽しい時間を過ごすことができました!
話に夢中になりすぎて、集合写真を撮り損ねたのが心残りです…
全員ではないですが、記念の1枚を撮りました☆
 
今年も残りあとわずか!
土台となる力、土台を支える力どちらも身につけられるよう、
常に目標を持ちながらチャレンジし続けるリハビリテーション部でありたいと思っています。
では今日はこの辺で☆ 

リハビリテーション部 小野寺朋美


2019年11月21日木曜日

岩手県作業療法学会


朝晩の冷えが強くなりましたね。こたつが恋しい季節です。
皆さんは冬の準備は進んでいますか?
私はストーブにこたつに準備万端です。
あとは甘~いみかんがあれば言う事なしですね☆笑

さて、今回は岩手県花巻市で開催された
33回岩手県作業療法学会に参加してきました。

学生の頃よく「作業療法士の守備範囲は広い」
「いつでもどこでもどんな風にでも形を変えて作業療法が提供できる」と教わりました。
その当時はその意味がわからずぼんやり聞いていたのを思い出します。
実際に作業療法士として患者様や地域の方々と関わっている今、
ようやくその意味を理解することができたような気がしました。
今回の岩手県作業療法学会のテーマも
「地域とともに生きる〜作業療法士の活き方〜」と、
県内の作業療法士の取り組みについてたくさんの発表を聞くことができました。
当院からも自動車運転再開に向けた関わりについてスタッフが学会発表をしました。
今回の発表を通して、見る・聞くだけでなく沿岸地域の取り組みを発信する事ができ、
とても有意義な時間でした。

当院は岩手県から広域支援センターの指定を受け、
地域住民を対象とした介護予防教室を中心に、様々な方面で地域活動をしています。
介護予防の観点だけでなく、「誰もが住みやすい地域づくり」に作業療法士として、
リハビリ専門職としてより多くの分野に関わらなければいけないと強く感じました。
今回当院で発表したのは自動車運転再開に対する支援でしたが、
今後は作業療法士としての関わりだけでなく、
作業療法士が院内・外の他職種とどう連携していくかが課題になると感じました。
患者様の活動や参加、地域との繋がりの架け橋になるよう、
より一層精進していきたいと思っています。

では今日はこの辺で…

                                                                  リハビリテーション部 小野寺 朋美
 
 

2019年11月13日水曜日

訪問リハビリの紹介

こんにちは!

今日は訪問リハビリテーションの紹介です。
現在、理学療法士2名で訪問リハビリを行っています。

利用者は、40~100歳代の方まで幅広く、利用目的も違います。
・復職を希望されている方には、動きやすく体に負担のない動作練習や
どんな仕事が可能か、身体機能面の相談やアドバイスも行います。
・「家族のために家の中の掃除や食事を作りたい。」という方とは、
実際に料理や掃除場面での体の使い方を確認します。
・「趣味の〇〇をしたい。」と、自主トレーニングを頑張り、3カ月で
卒業(終了)した方もいます。

「病院ではできたのに、自宅に戻ったらできなかった」という方や
「最近、動くのが大変になってきた」という方に
それぞれの環境にあったリハビリを行います。

楽しみや生きがい・役割をもち
自宅で自分らしく、充実した生活を送る
お手伝いをします。

気になる方は、担当のケアマネージャーさんや宮古第一病院に
相談してみてください。

詳しい内容は、こちら



2019年10月8日火曜日

秋を楽しむ会


こんにちは(^^

ここ最近毎日のように「秋晴れ」という言葉を耳にします。
秋晴れとは…空気が澄んで空が抜けるように青い晴天という意味だそうです。
確かに日中は特に空が綺麗ですよね。
 
去年の秋は何をしていたかなぁと思い投稿したブログを読み返した所、
去年は食欲の秋という事でかぼちゃの煮付けを作って失敗していたようです(笑)
いや、焦げてしまっただけで失敗ではありません(笑)
そんな失敗を糧に?今回は作業療法科のメンバーで
“秋を楽しむ会”という名の“お食事会”を行いました(笑)
私は今年も“食欲の秋”です(笑)


 
当院リハビリテーション部は
理学療法科・作業療法科・言語聴覚療法科3つの科がありますが、
その中でさらに小グループを作り、勉強会(実技・座学・症例検討)や
ミーティング等々、グループ毎に様々な活動をしています。
グループ毎に活動内容は若干異なりますが、
どのグループにも共通しているのは
「グループのメンバー全員でグループ活動を作っていくこと」です。
メンバーの誰か一人でも困っている・悩んでいるスタッフがいれば、
メンバー全員で最善の方法を考える。
最終的な判断をするのは自分自身で「自己決定」する事はとても大事です。
でもサポートメンバーがいる事はもっともっと大事です!!
それがリハビリテーション部のグループ活動です。
 
今回のお食事会もグループ活動の一つです!!なんちゃって…笑
同じ職場の仲間ですが、完全プライベートの仲良しお食事会です☆
さらに…なんとスタッフの誕生日と重なり、お祝いも兼ねたお食事会となりました!
環境を変える事で今まで思い浮かばなかったアイディアが生まれる事って多いですよね?
今日のお食事会はいつかきっと何かに繋がると思います。
次はみんなで鍋食べに行きたいなぁ…笑
 
では今日はこの辺で…

                                   リハビリテーション部 小野寺 朋美

 

 
 

2019年10月2日水曜日

学生さん必見!お得な求人情報!!


こんにちは(^^
今日は当院の求人に関するお知らせです。
臨床実習を終えた学生さんは本格的に就職活動を始めていると思いますが、
当院は病院見学・試験の日程、期間等指定していません。
ご連絡いただいた際に、一緒に日程調整をしますので、お気軽にお問い合わせ下さい☆
 
ここでお得な耳より情報です☆
当院の見学を希望する東北エリアの学生さん限定特典!
  病院見学にかかる交通費は当院が負担します!
  ランチorお土産が選べます!
  希望者には宮古市プチ観光ご案内します!
 
もちろん東北エリア以外の学生さんも見学大歓迎です!
当院の見学会では、病院案内だけでなく
「実際に入職したらこんな感じ…」というリアルな場面も見学できます。
その他興味のある分野の見学も可能な範囲で対応しますので、
聞きたい事、見たい事を教えて下さい!
百聞は一見に如かず!

 ちなみに、今年度見学に来てくれたランチ希望の学生さんとは
海鮮・オムライス・カツカレー・宮古のタラフライ弁当等々を一緒に食べました☆
海鮮が一番人気でした!!
宮古の海鮮は何度食べても美味しいですよ〜!
そうです!何度も!食べたいので、一緒に海鮮ランチしませんか?笑
海鮮に限らず好きな物をリクエストして下さい!!
もしくは、私のセンスにお任せ下さい!(なんちゃって…笑)
百聞は一食に如かず!笑
 
充実した研修制度・休暇制度・福利厚生!!
自信を持って案内できます☆お友達と一緒でも構いません。
興味のある方はぜひ当院まで!!
スタッフ全員でお待ちしています。
 
                                 リハビリテーション部 小野寺 朋美

 

2019年10月1日火曜日

秋まつり手踊りパレードに参加しました!


914日(土)、みやこ秋まつりの手踊りパレードに、

宮古第一病院の団体として参加しました。
職員、家族を合わせると総勢約80名での参加です。
秋まつり全体としては、25団体、
総勢約1,500名での手踊りパレードとなりました。
当日は天気もよく、また、昨年のような蒸し暑さもなく、
絶好のお祭り日和となりました。
これも日頃の行いがよいからなのでしょう(笑)
 
 
 
手踊りパレードは、うちわを使う「宮古大漁御祝唄」を2回、
「宮古アイヤ節」を1回踊るのがワンセットとなります。
 
宮古第一病院の裏にあるローソンさんの前に来ると、
職員に付き添われた当院の患者様数名が、
車椅子に乗って待っていてくれました。
 
そのほか、手踊りパレードには参加できなかった職員や、
地元のみなさまも沿道から熱い声援を送ってくれました。
 
肝心の手踊りのほうですが、移動しながらの手踊りには
慣れていないせいか、隊列の間隔があいてしまうこともありました。
それでも、久しぶりに参加した去年よりは、
みんな上手に踊れていたようです。
 
隊列の後ろのほうで参加した子供たちも、
大人の踊る様子をみながら一生懸命に踊っていました。
 
子供たちの中には、歩き疲れたのかしゃがみ込んでしまう子も
みられましたが、大人たちに励まされ全員無事ゴール
することができました。
 
来年は手踊りパレードが今年よりもうまく踊れるよう、
しっかりと練習をしていきたいと思います。
 
最後になりますが、沿道から声援を送ってくださったみなさま、
この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました!

                                      リハビリテーション部 大手賢一